少しの頭金で中古車を購入

車を購入する時、新車は今までに誰も使っていないしシートなども綺麗でタバコのにおいなどもなく嬉しいものですが、中古車でも購入する時は販売店が綺麗にクリーニングして販売してくれるので、車を探す時は中古車から探すようにしています。毎日車に乗って遠出するわけではなかったので、走行距離が五万キロ以内であれば長く乗る事は十分に可能です。

知り合いから車の販売店専用のオークションに参加している販売店を紹介してもらい、販売店の方と相談して買う車を決定しました。ある程度は希望がありましたが、年式まではよく分からなかったので予算を伝えその予算内でより良いものをオークションで探してもらい購入するという流れになりました。購入する時は働き出してすぐの頃だったので、ローンでの購入でした。

頭金をどうするのか悩みましたが、少しの貯金があったのでローンの返済を少なめにしようと考え貯金していたものを頭金として使いました。その後は銀行でローンを組み、審査が通った後に銀行から販売店へ振り込みが行われました。月々の返済額は生活の負担にならないようにし、5年のローンを組みました。テレビの経済の評論家などには、車ぐらいはローンを組まずに購入した方が良いと言っている方もいますが、車がないと生活が成り立たない地方では仕方がないことだと思います。

新車は全てが新しいので格別ですが、中古車は安く自分の乗りたいものに乗ることが現在では可能なので新車へのこだわりがなければおすすめです。